モダン:緑単ストンピィデッキ 軽量クリーチャーを並べる攻撃的な緑単信心

皮背のベイロス

 

 

モダン、およびレガシー、いわゆる下の環境でのデッキを語る中で
かならずブチ当たってしまう壁が一つ

「タルモゴイフが高い」

登場初期はカスレア扱いを受けていたカードですが
現在は緑絡みのデッキ、かつビートダウン要素があれば4枚採用
一時はハサミタルモ親和バーンといった
とりあえずタルモも入ってるデッキが登場するほど。

モダン以下の環境で緑の入ったビートダウンを考える際に
タルモが経済的な敷居となっていたのですが……

今回そのタルモゴイフを採用していない
緑単色のモダンのストンピィデッキを紹介します。

スポンサーリンク



Stompy by ClarkKibodeaux

土地 21

18 森/Forest

3 樹上の村/Treetop Village

クリーチャー 24

4 ドライアドの闘士/Dryad Militant

4 実験体/Experiment One

4 毅然さの化身/Avatar of the Resolute

4 カロニアの大牙獣/Kalonian Tusker

4 絡み根の霊/Strangleroot Geist

4 皮背のベイロス/Leatherback Baloth

呪文 15

4 ハイドラの血/Aspect of Hydra

4 怨恨/Rancor

4 巨森の蔦/Vines of Vastwood

3 四肢切断/Dismember

サイドボード 15

2 はらわた撃ち/Gut Shot

2 耳障りな反応/Guttural Response

2 大祖始の遺産/Relic of Progenitus

3 部族養い/Feed the Clan

3 上機嫌の破壊/Gleeful Sabotage

3 帰化/Naturalize

 

 

デッキレシピはこちらのサイトから引用しています。
Stompy by ClarkKibodeaux

 

墓地が溜まり難い、タルモよりさらに前のめりに

2マナ域

 

2マナ域を埋めるダブルシンボル達

  • 到達、トランプル持ちでさらに大きくなれる毅然さの化身
  • 2マナ3/3、シンプルながらデカイのは正義のカロニアの大牙獣
  • 不死、速攻! ヴェリアナでもどんとこい! 絡み根の霊

2ターン目に0/1なクリーチャーはお呼び出ないとばかりの
かなり前のめりな構成になっています。

 

タルモゴイフ

 

事実、フェッチランドも搭載されていないこのデッキの場合
タルモは手札で0/1で佇んでしまうこともしばしば
短期決戦を挑むデッキコンセプト上
先行2ターン目に出して3ターン目に確実にクロックを刻めない
という理由で不採用となっています。

 

ドライアドの闘士

 

また、1マナ2/1として採用されている
ドライアドの闘士の優秀さも重要な点
インスタント、ソーサリーを墓地に溜めさせず
対戦相手の瞬唱の魔道士のフラッシュバックを抑えつつ
相手のタルモゴイフを大きくさせない、という
大事なメリットもある優秀な1マナ域

 

ちょっとしたシナジー

 

また、実験体と毅然さの化身のシナジーも強力

1ターン目に実験体を展開し
2ターン目にもう一体実験体とドライアドの闘士
すると3ターン目に5/4で飛び出す化身
という光景も良く見られます。

化身がトランプル持ちなのも重要なポイント

 

MOでの光景

 

MagicOnlineにて実際にプレイしたときの光景
3マナ域にマナ喰らいのハイドラを採用していますが
3マナ以降に中々呪文を連打できないので
皮背のベイロスくんが一番良い3マナ域

 

シンプルながら安い、強いを満たしたストンピィ

皮背のベイロス

 

緑本来の強みである

緑はクリーチャーの色

というカラーパイを十分に堪能できるビートダウンデッキ
個々のカードは大半がコモンアンコモンであることと
どのデッキにも必ず採用される! というような
汎用性が高いカードが多くないので
メインデッキについては今後も価格が安定してるのが嬉しい点。

前のめりな緑単ストンピィ、一度お試しあれ。

今回紹介したカードのシングル販売リンク
早速組んでみたい! と思った方はどうぞ

皮背のベイロス(WWK アンコモン)

怨恨(M13 アンコモン)

スポンサーリンク

8 件のコメント

  • こちらでは初めまして。
    モダンはやっていますが、タルモが高くて買えないので、緑は何組んでも下位互換にしかならないと自分の中で禁忌の色と化していました。
    ウィザーズもニッコリなクリーチャーデッキ。いいゾ〜これ!
    こちらも参考にさせて頂きます。

    • >>赤黒いのさん
      コメントありがとうございます!
      緑といえばタルモな風潮に一石を投じる
      よいレシピですねえ……
      実際使ってみるとキルターンの早さが病みつきになりソース

  • 初めまして。
    一昔前は巨森の蔦が双子対策になっていたり、チューンしたものだと漁る軟泥、スラーン、強情なベイロスとサイドからクリーチャーでいろいろ対策できて楽しかったのを覚えています。

    • >>ボンバイエさん
      コメントありがとうございます。
      巨森の蔦は非常に融通の効くよいカードですよね。
      スラーンや強情なベイロスも痛烈に効くデッキに差すのがいい感じ

  • ビートダウンもいいけどニクソスいれて起源の波をぶっぱするのも気持ちいいんですよね。全体的に高くなるのとコンボの宿命で打ち消しに弱くなるのが難点ですが・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です